模型

airbnbを代行して海外の観光客の受け入れをしよう

不動産投資の際の注意点

一軒家

予算に合わせる

不動産投資は素人でも挑戦する人は数多くいます。既に所有している土地やマンションを賃貸に出して利益を出したり、不動産投資の方法は色々あります。中には、単身向けのワンルームマンションをローンで購入して投資に回す人もいます。その場合は、リスクが発生します。ローンの支払いは入居者に関係なく毎月発生します。物件を新しく購入する場合は、事前に十分な下調べが必要になります。最も大切な事は、賃貸としての需要がどの位あるのか、またその場合の家賃相場を把握する事です。基本的に同じ最寄り駅を利用する場合でも駅までの距離で家賃相場は大きく変わります。また物件の築年数も家賃が大きく変わってきます。その点を踏まえて家賃相場を把握する事です。

専門家と相談

不動産投資をする際に、銀行のローンを利用する場合は、不動産投資の専門家と個別相談がおすすめです。具体的な家賃相場など部分まで親身になって相談に応じてくれます。家賃相場に対して、購入物件の価格を比較します。また資産価値の高さも確認が必要です。例えば、中古マンションであっても、購入当時とやや同じ価格を保っている物件や購入金額よりも高くなっている物件などは資産価値が高く狙い目です。また同じマンションでも、お部屋の向きや階数によって同じ広さでも価格が大きく違う場合があります。一般的には高層部が人気があり高額傾向になります。またマンションの種類で言えば低層マンションよりも高層マンションが人気上昇傾向にあります。高級ホテルのような存在感が人気の理由です。